ご相談の流れ

(株)中小企業経営の各引退設計サービスでは必ず無料面談を実施させて頂いております。無料面談において社長が現在抱えておられる課題や、経営状況を確認させて頂き次のステージに向けた可能性および解決すべき課題の概要を把握して頂きます。その上で、ご興味がある方に限り、ご契約をさせて頂きます。

無料面談のみのご参加でも現状の課題の整理や、未来展望が開ける等のお声を頂いております。また、次のステージの把握、次のステージに進むための課題の概要はお伝え出来るので、それだけでも十分に価値を感じて頂けるお客様がいらっしゃいます。まずはお気軽に、現状の課題の整理や次のステージに向けた相談、漠然とした引退に対する不安などをお持ち頂ければと思います。

無料面談

現状の経営状態や経営課題について確認をして、御社の可能性を明確にします。また、社長の次のステージのカタチを徹底的に掘り下げることで次に成すべき課題を浮き彫りにします。これらに基づいて社長個別のオーダーメイド引退設計の概要をお伝え致します。概要を把握されるだけでも翌日からの経営の足取りは軽くなり、経営課題が明確になります。申込方法は最下部をご参照下さい。

引退設計契約

社長個別のオーダーメイド引退設計の概要だけでは物足りない、もっと具体的な引退設計にご興味をお持ちの方に対してはご契約を頂きます。

次のステージに向けて御社内の動きや、課題設定を更に掘り下げるため別途2回の面談を実施するので予定調整をさせて頂きます。

また、契約費用については御社の負担を軽減出来るよう財務状況と照らし合わせて提案させて頂きます。可能な限り実質負担額が0円になるよう善処させて頂いております。詳しくは契約のタイミングでご説明させて頂きます。

打ち合わせ(2回)

詳細部分の詰め、認識合わせの齟齬の解消等の細部を確認させて頂きます。また、確認した情報に基づき御社に必要な専門領域を判別して、社長固有の特注設計プロジェクトを専門家チームで構成致します。専門家内で引退設計の大枠を合同で協議し、具体的な引退設計を検討・計画致します(御社の可能性の最大化、具体的に打てる手、実際の段取り、提供可能なサポート手段等の検討)

引退設計納品(説明)

専門家を交えたプロジェクトで検討・作成した引退設計および段取り手順についてのご説明のため、ミーティングの場を用意させて頂きます。ミーティング内で社長の理解の確認並びに、不明点の解消に努めさせて頂きます。社長の周囲にいる関係者を含めた今後の作業進行について把握頂くことでどのタイミングで何をすべきかが明確になります。

実行サポート

具体的な進行に当たっての不安がある場合や、御社の周囲の人物に不安が残る場合等に応じて、無償のサポートを実施しております(毎月の経営リスク管理、作業リマインド、QAサポート等)。引退設計納品のタイミングで社長の今後の進行にあたっての不安に応じた課題を明確にして、対処できるサポートを提案させて頂きます。